FUTARIBUTAI

わたしたちが醸したいと想うお酒は、

強い欲求・願望を満たす嗜好品ではなく、

素材が元来持っている特性を活かし

「素」の魅力を味わえるお酒です。

この魅力は、生活に溶け込むような心地よい感覚、

自然でいて丁寧な暮らし、飲む人が自然体でいられるような

『 普遍的な価値 』を指します。
11